事業活動紹介

文化財保護

文化財IPM(総合的有害生物管理)コンサルティング活動 ※IPM:Integrated Pest Management

 長い歴史の中で、私たちの先祖は多くの文化的な財産を残し、それらを大切に保存してきました。かけがえのない文化財を後世へ伝えていくためにも、正しく保存していく保存環境づくりが重要となっています。
 当研究所では博物館・美術館・公文書館といった文化財を収蔵する施設において文化財を加害する虫やカビなどから保存管理の環境を適切に管理することで予防していくIPM(総合的有害生物管理)の考え方に基づいた管理手法の普及およびコンサルティング活動をしています。


文化財IPMの必要性

 オゾン層破壊物質である臭化メチルを用いたガス燻蒸による殺虫処理が2004年以降使用中止となった現在、美術品や文化財の保存管理に携わる施設管理者や学芸員がIPMの重要性を認識し、薬剤に頼らずにあらゆる有効な防除手段を合理的に組み合わせ、生物被害をなくしていく管理システムを実践していくことを推奨しています。
 カビや害虫の発生状況や環境、展示や貸出時の移動による有害生物の持ち込みを日常管理の中で調査し、環境改善と日常監視体制を確立していくことが「美術館・博物館のIPM」の基本となります。
 また人手不足が原因で、美術館や博物館の管理者と学芸員だけではIPMを実践することが困難な場合には、IPMを理解するアドバイザーに相談し、修復士、清掃業者、有害生物防除業者その他関係業者などと力を合わせて実施することなど無理のないIPMを適切に維持・実行していくが重要であると考えます。

ミュージアムIPM概念図 イメージ

ページの先頭へ戻る


IPMの進め方

 博物館の目的である文化財の保存・展示・収集を実施する上で各組織の運営上の問題や個々に発生した問題の解決する関係づくりが重要です。

IPMの進め方 イメージ

ページの先頭へ戻る


専門員の教育支援

専門員の教育支援 イメージ

 IPM(総合的有害生物管理)の考え方に基づいたシステムのコーディネートや提案をします。有害生物の監視(モニタリング)と防除施工、環境整備、維持管理、改善が一体となった管理手法です。また、専門の育成、研修は国内外で実施しています。

ページの先頭へ戻る


海外での教育支援活動

海外での教育支援活動 イメージ

 エジプト・カイロにおける大エジプト博物館の建設に伴い、その保存修復・研究機関として設立された保存修復センターが十分に機能するため、国際協力機構(JICA)では保存修復・保存科学・考古学の専門家に対して、人材育成プログラムを提供しています。
 文化財を適切に保存・管理する人材を育成していく為、同プロジェクトに協力し現地に講師を派遣。また、スタッフを日本に迎えて開催される「安全衛生」「総合有害生物管理(IPM)」、「微生物」などの各種研修の実施にも協力しています。


川越 和四

【研究員紹介】

川越 和四(かわごえ かずし)

一般財団法人環境文化創造研究所 主席研究員
文化財IPMコーディネーター

ページの先頭へ戻る