事業活動紹介

さくらの植樹

さくら・ふるさと街づくり運動

 桜は日本を代表する美しい花の一つです。しかし、桜の木が育ち花を咲かせるのはどんな地域や場所でも良いわけではありません。桜の花が咲くには、美しい環境が整っていないと咲くことが難しく、環境問題の指標とされることもあります。
 私たちは、日本を中心とした世界各国に1964年より延べ30万本以上の桜を寄贈し、美しいまちと人のつながりを具現化した『さくら・ふるさと街づくり運動』の取り組みを行っています。


植樹活動

 樹林地や草地等の緑地は、大気浄化、気象緩和などの快適生活環境形成に係わる様々な機能を持っています。樹木の中でも、桜は大気浄化に優れている種類の一つでもあります。桜の苗木は財団法人日本さくらの会にご協力を頂き寄贈しています。この運動が、多くの人々にとって、社会をとりまく生活環境・自然環境に感心を持つことのきっかけになることを願いながら、活動しています。

植樹活動 イメージ

栃木県藤岡渡良瀬運動公園栃木県藤岡渡良瀬運動公園

ページの先頭へ戻る


鉢植え

 自然と人との関わり・繋がりの大切さを多くの方に身近に感じてもらうため、桜の鉢植えをお配りしています。桜の鉢植えは、上手に育てると美しい花を満開に咲かせ、癒しと安らぎを与えてくれます。お配りしている鉢植えは、生産農家と社会福祉法人の皆様にご協力いただいて製作しています。

接ぎ木の準備接ぎ木の準備

満開のさくら鉢植え満開のさくら鉢植え

鉢植え出荷準備(社会福祉法人の皆様)鉢植え出荷準備(社会福祉法人の皆様)

ページの先頭へ戻る