Kanbunken 環境文化創造研究所

ACTIVITIES

– 事業活動紹介

MEMBERS

-メンバー紹介

谷川 力

谷川 力Tsutomu Tanikawa,Ph.D.

獣医学博士

出身地
東京都
得意分野
衛生動物学
趣味
熱帯植物の栽培、野球鑑賞、ネズミ観察

1967年、麻布大学環境保健学部を卒業し、イカリ消毒(株)に入社。技術研究所所長を経て2017年取締役および一般財団法人環境文化創造研究所理事に就任

主な関連学会の役職

  • ねずみ駆除協会委員長
  • 日本衛生動物学会幹事 東日本支部長
  • 日本ペストロジー学会評議委員
  • 都市有害生物管理学会評議委員
  • 熱帯野鼠対策委員
  • 有害生物研究会幹事

所属団体での役職

  • (公社)日本ペストコントロール協会理事・技術委員長
  • (公社)東京都ペストコントロール協会理事・技術委員長

教育現場

  • 麻布大学客員教授
  • ヤマザキ動物看護専門職短期大学教授

メッセージ

国内のペストコントロール業界の技術をまとめています。新型コロナウイルスの消毒から アライグマやハクビシンなどの中型哺乳類の駆除まで、幅広く有害生物の情報発信をしています。

蘇 雲山

蘇 雲山Kumoyama Aso,Ph.D.

農学博士

出身地
中国遼寧省
得意分野
森林・人間関係学、生物多様性保全学
趣味
家庭菜園・書道、読書

1990年、京都大学に留学。93年に博士号を取得後、イカリ消毒(株)へ入社。海外事業部長を経て98年に環境文化創造研究所へ配属。自然保護研究室主席研究員として主にトキ、コウノトリ、ジャイアントパンダ等の危惧種の保全に関する研究に携わっている。

所属団体での役職

  • 山階鳥類研究所客員研究員
  • 環境カウンセラー(市民部門)
  • 環境省希少野生動植物種保存推進員
  • 環境省トキ野生復帰検討会委員

教育現場

  • 放送大学大学院客員教授
  • 北京林業大学客員教授

メッセージ

一度絶滅したトキとコウノトリが再び日本の空を羽ばたけることは危惧種保全の成功事例としてあげられていますが、これらの野生復帰事業には、まだたくさんの課題が残っています。乗り越えるためには、多くの人々の参加による知恵の集結が不可欠です。

谷 重和

谷 重和Shigekazu Tani,Ph.D.

医学博士

出身地
兵庫県
得意分野
寄生虫学
趣味
カメラ・写真、音楽鑑賞(ラテン・ワルツ)、将棋、テニス

1979年に新潟大学医学部で博士号を取得し、マッセイ大(NZ)獣医学部に1年間留学。卒業後、新潟大学医学部医動物教室および秋田大学医学部寄生虫学教室において20数年間、研究・教育に従事。1987年、JICAの寄生虫学専門家としてケニア国中央医学研究所に1年間派遣。1990年にイカリ消毒(株)技術研究所所長を経て、現在(一財)環境文化創造研究所主席研究員およびヤマビル研究会代表。1993年、秋田県でのヤマビル被害防止事業に協力。その後今日まで、各県・市町村のヤマビル生息数調査への協力や防除に関する助言を行っている。

メッセージ

雨天で気温の高い日が続くと、全国的にヤマビルの吸血被害が多くなります。血を吸われないようにしっかり対策をして、山を楽しんでください。

藤村 晶

藤村 晶Akira Fujimura

フードセーフティジャパンコーディネータ

出身地
東京都
得意分野
食品衛生(特に異物混入など)および公衆衛生
趣味
料理・サイクリング・トレーニング

1998年、日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)畜産学部を卒業し、イカリ消毒(株)に入社。検査分析営業所所長、東京地区長などを務め、2016年より(一財)環境文化創造研究所にて食品安全に関わる業務に携わり、各種セミナーの講師なども行っている。執筆協力に、『食品安全検定中級テキスト・第9章【食品の異物混入】』(2018年、中央法規)などがある。

メッセージ

ヒトと人をつなぎ、お互いが必要となる動きをすることが得意です。そのため仕事にかける情熱は常に熱くもって前向きにトライします。お互いに本気で仕事をするなら『ALL-WIN!』。ご一緒ください!

川越 和四

川越 和四Kazushi Kawagoe

文化財IPMコーディネータ講師

出身地
大分県
得意分野
文化財IPMの構築
趣味
マラソン、渓流釣り

1970年、イカリ消毒(株)入社。厚木・横浜営業所の所長および地区長を歴任し、文化財の生物被害防止対策のガス燻蒸に従事したのち、1993年から技術サービス部の部長を務めた。2013年1月、(一財)環境文化創造研究所入所。現在、同所にて文化財業務に関わる主席研究員として、全国のミュージアムに「文化財IPM」の普及を呼びかけている。2017年、第11回文化財保存修復学会【学会賞】受賞。著書(共著)に『文化施設における害虫対策の実際:ネズミ・害虫の衛生管理』(1999年、フジ・テクノシステム)、(共著)『博物館への挑戦:みんぱくにおける新しい虫害防止法への挑戦』(2008年、三好企画)などがある。

メッセージ

環境で文化財を守りましょう!

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ