事業活動紹介

活動レポート

神奈川県 大山阿夫利神社周辺のヤマビル環境整備

年 月 日
平成26年3月5日
場   所
神奈川県伊勢原市 大山阿夫利神社参道
報 告 者
谷重和
主な参加者
伊勢原市、大山観光振興会、大山自治会、有害鳥獣対策協議会
参加者人数
44名
発 行 日
平成26年7月1日

 伊勢原市の大山には阿夫利神社があり、年間180万人以上の参拝・観光・登山客が訪れています。しかし、この阿夫利神社周辺でヤマビルの吸血被害が見られるようになり、伊勢原市より連絡を受けました。
 平成22年2月22日、谷研究員が調査・環境整備を行いました。対処法として、大山参道・登山道の草刈、落葉かきなどの環境整備や薬剤の散布をしました。大山ではこの年から、毎年夏冬の年2回、環境整備を行っています。ヤマビルが定着・繁殖しない環境づくり活動がスタートしました。昨年の平成25年7月10日には92名が清掃活動に参加しました。
 今年の平成26年3月5日には、44名が落葉かきをはじめとした清掃活動を行いました。伊勢原市の大山では、「ヤマビルのいない里山づくり活動」が今年で4年めを迎えます。その結果、参拝客の吸血被害はほとんど見られなくなりました。大山夏山開きに備え、6月10日には約100名もの人が参加して清掃・薬剤散布を行いました。
 今年は7月27日が大山夏山開きです。大山観光振興会では、安心して登山が出来る山づくり活動を行っています。是非、皆さんも足を運んでみてください。


 阿夫利神社とは:神奈川県伊勢原市の大山の中腹にある神社。中世以降、大山参りの山岳信仰が盛んとなり、源頼朝、北条氏、徳川氏など武家の崇敬を受け、江戸時代には大山講が関東各地に組織され、多くの庶民が参拝したとされています。

神奈川県 大山阿夫利神社周辺のヤマビル環境整備

ページの先頭へ戻る