Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Fri

4/2

2021

介護士が感染したとき施設はどう対応するか

 介護士に新型コロナウイルスの感染者が出たら、介護施設はどのように対応するのでしょう。
 介護士は、出勤前に自宅や施設で毎朝検温をしています。もし発熱していたら、まず施設長に連絡します。施設長は施設専任の看護師や医師に連絡し、保健所へPCR検査の申請をしてもらいます。個人で申請するより、医師や看護師からのほうが早く対処してくれると考えられるからです。PCR検査の結果、陽性と判明した場合、その介護士と感染期間内に接触したすべての入居者と職員の特定を行います。そして、すぐに保健所に連絡してPCR検査の要請をします。陽性反応が出た人はただちに入院となりますが、感染者が増加していて入院が難しい場合には、保健所の指示に従います。
 入居者の家族への対応は、適切な手順が決められています。家族が混乱しないように、電話やメールで検温やPCR検査などを実施していることを詳細に報告し、今後どのように対応するのかを具体的に伝えます。感染者が回復し施設の安全が確認されるまでは、家族には現状を逐一報告するなど、できる限り安心していただけるような配慮が必要です。面会についても、施設の安全が確認されるまでは、しばらく控えることになるでしょう。

介護問題研究家中村和彦

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ