Kanbunken 環境文化創造研究所

PUBLICATION

– 発刊誌

最新号のご紹介

7

Jul.

2021

CLEANNESS

「クリンネス」は、健康と環境を考える保健衛生誌として1985年に創刊されました。
「環境問題」「健康・衛生」「食の安全・安心」をポイントに、毎号その分野の専門家による特集や、約30編の読みきり記事など、暮らしに役立つ身近な情報をお届けします。環境・衛生教育の一助として、豊かな暮らしのヒントとして、ご活用ください。

– 特集 –

私たちと恐竜たちの世界

真鍋 真
独立行政法人 国立科学博物館 副館長・研究調整役
標本資料センター コレクションディレクター

今年も夏休みがやってきます。子どもも大人も待ちに待った季節ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で外出を控える方も多いでしょう。そこで今号では独立行政法人国立科学博物館の副館長・研究調整役の真鍋真氏に、ご専門である恐竜を中心とした博物館の最新の楽しみ方をご紹介いただきます。

– ポスター –

日本は湿度が高く、カビが発生しやすい環境にあります。カビが食品取扱施設などで発生し、まん延するとどのような被害が発生するのでしょうか。カビへの理解を深め、食品への汚染を防ぎましょう。

– Information お知らせ –

「フードセーフティジャパン(FSJ)2021」のご案内

FSJ2021         

 フードセーフティジャパン(略称:FSJ(エフエスジェイ))は、“食” の安全・安心を提案する最新設備・衛生資材・サービスの専門展です。本年で12 回目の開催を迎えるFSJ2021 では、HACCP 対応をはじめ、異物混入対策、衛生資材や微生物コントロールなど、専門性の高い製品が一堂に集まり、食品に係る企業様の品質管理部門や経営層との商談や食品安全に係る最新情報が収集できる展示会を目指しています。弊社におきましても、食品安全におけるさまざまな課題を解決するためのお手伝いができるよう、企画委員としてセミナーの企画などに携わっています。出展をご検討の方は公式WEB サイトをご確認のうえ、FSJ 事務局までご連絡ください。

会  期:2021年10月27日(水)〜29日(金)
会  場:東京ビッグサイト青海展示棟
主  催:(一財)食品産業センター、(公社)日本食品衛生協会
各種情報:フードセーフティジャパン2021

– 次号予告 –

特集

ホタテや牡蠣の貝殻焼成応用技術と未来

一般社団法人(非営利型)日本GEIRO 協会

ポスター

みんなで行う熱中症予防対策
     

※内容やタイトルは変わる場合があります。

最新号の
表紙

CLEANNESS 2021年7月号 SDGsを通して見る世界 閉じる

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ