Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Wed

4/14

2021

慇懃無礼

 言葉は丁寧なのに失礼に見えることを、「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」などと言います。文法的に正しい敬語をたくさん使っていれば問題ないというものではありません。かえって、相手をないがしろにしたり見下したりしているように映ってしまうことさえあるのです。
 敬語は、相手に敬意を表すための言葉ですが、場合によっては戦略的に使うものでもあります。たとえば、店員が客に対して敬語を使う背景には、買い物をしてもらえるかもしれないという期待もあるでしょう。利益をもたらしてくれる相手だからこそ、敬語で話すという戦略的な面があるのです。いつも立ち読みや味見ばかりで商品を購入しない客には、ぞんざいな言い方をするようになってもおかしくありません。
 また、敬語には、相手を遠ざける働きがあります。親しくなりたくない人に対しては、むしろ丁寧な言葉を使うという経験はないでしょうか。人は仲良くなればなるほど、言葉遣いもより親しげになって、だんだんと敬語が少なくなるものです。丁寧さの度が過ぎると、まるで拒絶されているように感じる人もいることでしょう。
 敬語の戦略的な側面や、人を遠ざける面が目立ってしまうと、相手にはかえって失礼に聞こえるおそれがあります。相手に親しさを示すことも意識しながら、バランスのとれた言葉遣いを探りましょう。

文化庁国語課 国語調査官武田康宏

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ