Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Mon

8/23

2021

食品衛生に取り組むあなたへ(16)異物混入対応のヒント

 HACCPの3つの危害は、「生物的危害」、「化学的危害」、「物理的危害」です。そして、これらの3つの危害に該当しない毛髪やビニール片など軟質の異物についても、製品に混入することのないよう、一般衛生管理によりしっかり対策する必要があります。
 ではもし、これら以外の「原材料に由来する皮や、調理時の焦げ」のような異物についてお客様からお申し出があったときには、どのように対応すればよいのでしょうか。
 今後、できうる限りの対策を尽くしたとしても、再発ゼロをお約束することが難しい場合もあります。
 お客様には、「お客様のための商品を、丁寧に、慎重にお作りすることができていなかったという点で、申し訳なく、恥ずかしいと思っております」とお詫びすることもひとつの方法です。そして、さらに「もし、現時点で少しでも健康に関するご不安がありましたら、かかりつけの病院を受診いただき、その結果を私たちにも教えていただきたいのですが、いかがでしょうか」とお伝えします。
 このようにお伝えすると、あなたがお客様を大切に思う気持ちも、いつも真摯にものづくりに取り組んでいる思いも、よりお客様に伝わりやすくなるはずです。

リテールHACCP研究所山森純子

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ