Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Fri

9/17

2021

若き開発者への手紙(9)人に優しく

 マーケティングの基本は「お客様を笑顔にすること」です。そのためには「人の気持ちに寄り添って考えること」が重要で、これは普段から人に対して優しく接していなければ、そう簡単にはできません。
 人に優しくなるためには、心のゆとりが必要だといわれます。自分が幸せでない人が他人に対して優しくなれるはずがなく、したがって、まずは自分の幸せを優先してよいということです。では、自分が幸せになるためにはどうしたらよいのでしょうか。
 幸せとは、その人の心の持ち様です。ショーペンハウエル※ は「人は幸せの数を数えだした瞬間から幸せになれる」と言っています。今ある自分は幸せだと考えることから始めるとよいでしょう。
 日本には昔から「足るを知る」という言葉があります。幸せとは追い求めればキリがないものです。どのような素晴らしい環境や地位を与えられても、それを不服だと考える人は一生幸せになることができないのです。逆に、他人から見てどのような悪環境や処遇を受けようとも、今を幸せだと思える人は一生幸せでいられます。今の自分を「幸せだ」と考えることができれば、その時から「人に優しくなれる」はずなのです。そんな人が作り出す商品やサービスこそが、人を笑顔にするのではないでしょうか。

※ ドイツの哲学者。ショーペンハウアーとも呼ばれる。「富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが乾いてくる。名声についても同じである」という言葉を残している

商品開発アドバイザーH・B 山越

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ