Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Wed

11/10

2021

SDGsビジネス最前線(8)SDGsゴール6「安全な水とトイレを世界中に」

 世界には水道や井戸が周囲になく、衛生的な水を手に入れられない人がたくさんいます。安全で衛生的なトイレを使えない人も、世界人口の5分の1に迫る17億人以上いて、屋外で用を足す人も5億人近くいるとされます。安全で衛生的なトイレがないと感染症が起こりやすく、下痢性疾患などによる乳幼児の死亡率とも因果関係があります。トイレがなければ、衛生問題はより深刻になります。そこで日本の住宅設備メーカーのLIXIL(リクシル)は2012年、より安全で低価格な簡易式トイレシステム「SATO」の初代製品を開発しました。これまでに、インド、バングラデシュ、フィリピン、ウガンダなど41か国で2500万人以上の衛生環境を改善しています※ 。
 SATOは「Safe Toilet」の略で、「排泄後、水を流す」、「水と排泄物の重みで、底の蓋が開く」、「流した後に蓋が閉じて虫や悪臭を防ぐ」簡易式トイレシステムであり、国際開発機関やNGOとともに地域におけるトイレの製造、流通、販売網を構築しようとしています。採算性が課題でしたが、バングラデシュでは2018年度に黒字化しました。
 LIXILは2020年、上下水道が未整備の地域でも手洗いができる「SATO Tap」を発表しました。新型コロナウイルス感染もあり、水道が利用できない地域でも手洗いを浸透させることが狙いです。

※ 2021年7月現在

『オルタナ』編集長森 摂

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ