Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Fri

12/24

2021

若き開発者への手紙(12)聞くは一時の恥

 「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という諺(ことわざ)があります。「聞きたいけれど恥ずかしくて聞けない」という人と、「知らないので教えてください」と言える人とでは、得られる知識の量と深さに格段の差がつきます。ひとつの仕事を完結させるためには、多くの技術や知識を必要とします。そこで、自分の専門外の技術や知識を習得するために、「その分野では私は素人なので教えてください」と専門家に対して謙虚な態度で教えを乞うことができるかどうかが非常に重要です。
 また、自身で専門外のことを一生懸命に学んで一定の知識を得た後、つい「そんなことは知っていますよ」といった態度をとってしまうと、相手は丁寧な説明をしなくなってしまいます。「聞く姿勢」を示せば、より知識を深めることができるのに、そのチャンスを失ってしまうことになるのです。すでにある程度の知識を有していたとしても、新たな仕事をするたびにさまざまな専門家から繰り返し技術や知識を吸収していけば、いつしかあなたは多くのジャンルで専門家並みの技術や知識を手に入れていることでしょう。ひとつの商品を開発するために必要な多くの専門分野においてそれぞれのレベルが上がれば、当然、出来栄えも素晴らしいものになっていくはずです。聞き上手な人が伸びるといわれるのは、こういうことなのですね。

商品開発アドバイザーH・B 山越

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ