Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Wed

3/9

2022

リモートワークビザ

 パンデミックの影響とインターネットの普及により、リモートワークが世界中に広がり、パソコンさえあれば場所を選ばずどこでも働ける時代になりました。そんな中、コロナ禍で観光や投資が落ち込んでいる状況を受け、諸外国では、経済の回復を図るために外国人がリモートワークをしながら暮らすことのできる「リモートワークビザ」の導入が始まっています。
 たとえば、アラブ首長国連邦最大の都市で世界有数の観光地であるドバイのリモートワークビザは、母国で雇用されている海外居住者が対象ですが、会社経営者が申請することも可能です。月収55万円以上というのが条件のひとつとなっており、外国人の高所得者が増えれば投資が増え、自国の経済回復につながるというのがドバイ政府の狙いです。ビザを取得すると1年間のドバイ滞在が認められ、家を借りたり銀行口座を開設できたりするほか、新型コロナウイルスワクチンの接種や個人の所得税免除といったメリットもあります。ほかにも、アンティグア・バーブーダ、アルバ、バルバドスなどの国々が独自のプログラムでリモートワークビザを導入しています。
 導入している国にはリゾート地も多く、海外のリゾート地で仕事をするという、コロナ禍以前には現実味のなかった夢も叶うかもしれません。

ライター東納英輔

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ