Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Mon

10/24

2022

ハイブリッドワーク

 現在、新しい働き方や働く場所の模索が続けられています。その中のひとつに「ハイブリッドワーク」があります。
 ハイブリッドワークとは、その言葉の通り複数の働き方や働く場所を組み合わせることです。わかりやすい例が、従来通りオフィスで働くことと在宅勤務を組み合わせ、働く場所を固定することなく使い分けるというものです。同様のキーワードに「ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)」があり、ほぼ同じ意味で使われていますが、解釈によってはABWはオフィスビルの中と定義されているのに対し、ハイブリッドワークは自宅やサテライトオフィス、コワーキングスペース、カフェなども含んだ場所の使い分けとなります。
 ただしABW同様、オフィスビル内でも皆でコラボレーションする場所、個人が集中する場所、リラックスする場所、思考する場所等々、さまざまな状況に応じた場所を用意して、それを使い分ける必要がありますし、都市の中においてもコワーキングスペースなど、状況に応じた場の提供が求められます。また、これらを円滑に運営・管理するための勤怠ソフトや場所の予約システムなどの管理・支援技術も必須となります。
 ハイブリッドワークは始まったばかりで、まだまだ整備が不十分ですが、これからの働き方の主流となるのは間違いないでしょう。

東京造形大学 造形学部デザイン学科 教授地主廣明

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ