Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Tue

11/15

2022

障がい者が働きやすい職場を目指して(6)誰もが幸せに働く社会のために

 私たちの福祉施設で大切にしていることは、「さまざまな障がい特性を受け入れ、ありのままを否定しないこと」です。
 私は、かつて精神的に不安定になり、辛い日々を過ごしていたことがあります。また、私の叔父は交通事故で脳に大きな損傷を受け、障がい者となりました。健康な状態で産まれたとしても、誰しも障がいを持ってしまう可能性を抱きながら生きているのだと思います。
 一般企業では、「仕事が遅い」、「効率が悪い」、「コミュニケーションが取れない」といったさまざまな理由により、働き続けることを受け入れてもらえない場面があります。そういった環境により、一般企業で働くことができなかったときに「就労の機会」が途絶えてしまい、家に引きこもるしか方法がなくなってしまうのがよいことだとは思えません。
 私たちは、「健常者」に「障がい者」が合わせるのではなく、「障がいがあるからこそ価値の生まれる仕事」を提供することにより、両者の就労の機会を増やしていこうと考えています。これまでの「資本主義」に加え、この「福祉資本主義」という新たな理念を基に、幸せな社会を実現したいと考えています。やりがいを持って仕事をすること、またその機会があることは、「障がい者手帳を持っている・いない」にかかわらず、大切なことだと思うからです。

就労継続支援B型事業所 ココロスキップ 施設長大政マミ

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ