Kanbunken 環境文化創造研究所

DAILY COLUMN

- 日替わりコラム

Tue

12/6

2022

繁忙期に問われる「チームワーク」

 繁忙期になると、24時間体制で製造に取り組む工場があります。製造ラインは各工程の流れ作業で成り立っており、たとえば洋菓子工場であれば、原料搬入、生地の仕込み、焼成、冷却、充填、個包装、梱包などの工程を経て製品化されます。ひとつの工程が止まると全ラインが止まってしまい、半製品などのロスが発生するなどさまざまな悪影響が出てきます。このようなトラブルを防止するために大切なのが、チームワークです。ここでいうチームワークとは、それぞれの担当者が作業内容を理解し、自分の役割をきちんと果たそうと心がけ、準備することです。
 たとえば機械のトラブルをフォローする工務課のスタッフであれば、工程の中で最も機械に負荷がかかる場所はどこか、もし機械が故障した場合に必要となる部品の在庫は万全か、などを確認しておく必要があります。また、人員の補充も必要になりますが、教育をしたつもりでも現場ではさまざまな問題が発生するものです。そんなときは担当者が臨機応変に指示を出すことになるので、事前にトラブルを想定し、対応方法を決めておきましょう。生産量が増える繁忙期にはトラブルも発生しやすくなりますが、同時に、働く皆さんのチームワークが問われているともいえます。責任者はもちろん、スタッフ一人ひとりが「担当する工程の目的と役割」を再確認し、より強いチームを作るチャンスでもあります。

教育アドバイザー星森 一

全部または一部を無断で複写複製することは、著作権法上での例外を除き、禁じられています

戻る

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ