月刊クリンネス

最新号のご紹介

201610 クリンネス

「クリンネス」は、健康と環境を考える保健衛生誌として1985年に創刊されました。
「環境問題」「健康・衛生」「食の安全・安心」をポイントに、毎号その分野の専門家による特集や、約30編の読みきり記事など、暮らしに役立つ身近な情報をお届けします。環境・衛生教育の一助として、豊かな暮らしのヒントとして、ご活用ください。


特集

農産物の安全・安心を支える「GAP」

荻野 宏
一般財団法人 日本GAP協会 事務局長

食材調達のグローバル化に伴い、農産物の食品としての安全の確保や環境の保全などへの関心が高まっています。そのような中、農業生産工程全体を管理し、適正な農業生産を実現するための有効な手法として「GAP」が注目されています。そこでこの「GAP」について、日本GAP 協会事務局長の荻野宏氏にご紹介いただきます。


ポスター

GAPが提唱する「良い農業のやり方」とは

監修:一般財団法人 日本GAP協会

2020年東京オリンピックを控え、会期中に選手等に提供される食材の調達基準をめぐり、GAP(Good Agricultural Practice : 農業生産工程管理:良い農業のやり方)が注目されています。2012年ロンドン大会では、農産品の調達基準にGAPが導入されました。GAPとはどのようなものでしょうか。


information

一般財団法人 日本GAP協会「JGAP」のご紹介


次回予告

  • 特集

    「宇宙へ。そして未来へ」

    向井 千秋 東京理科大学 副学長

  • ポスター

    ノロウイルスとその対策-吐しゃ物の処理-

    ※内容やタイトルは変わる場合があります。

ページの先頭へ戻る