Kanbunken 環境文化創造研究所

PUBLICATION

- 発刊誌

鼎談特集

感染症への取組みの原点
-東京大学医科学研究所での日本住血吸虫の学び

【鼎談者】
東京大学 名誉教授 田中寛
公益財団法人目黒寄生虫館 館長 小川和夫
イカリ消毒株式会社 会長 黒澤眞次
【コーディネータ】
一般財団法人環境文化創造研究所 主席研究員 谷重和

 これまでイカリ消毒は長きにわたり、病原菌を運ぶネズミやゴキブリなどの有害生物の防除を行うことで、衛生的な生活環境の向上を図り、感染症などの予防に尽力してまいりました。 今号のクリンライフでは、2019年に創業から60年を迎えるにあたり、感染症への取組みの原点となる、東京大学医科学研究所での研究生活時代に訪れたフィリピン・レイテ島での数々の出来事を振り返りたいと思います。

特別寄稿

日本住血吸虫の現状と日本が果たしてきた役割・今後の課題など

獨協医科大学熱帯病寄生虫病学講座 千葉雄一

 2015年の世界保健機構(WHO)報告では、日本住血吸虫症を含む住血吸虫症有病国は78か国で推定患者数2億6100万人に達していると言われています。 本稿では、日本住血吸虫症(症)の概要、日本・フィリピンにおける現状及び日本が果たしてきた役割・今後の課題などをご紹介いたします。(特別寄稿より一部抜粋)

特別寄稿

リンパ系フィラリア症制圧計画:世界的な熱帯病に関する取り組み
“私の顧みられない熱帯病との闘い“

長崎大学客員教授 / 元WHO世界リンパ系フィラリア症制圧計画統括官 一盛和世

 私は2013年末に、約30年にわたる海外生活を終えて帰国しました。このうち21年間は世界保健機構(WHO)の職員として、顧みられない熱帯病といわれるリンパ系フィラリア症の対策、それに媒介蚊対策の仕事をしてきました。 世界中を駆け回る仕事でした。(特別寄稿より一部抜粋)

- 今号のキーワード -

顧みられない熱帯病、WHO、日本住血吸虫、ミヤイリガイ、藤浪鑑、フィリピン、フィラリア、目黒寄生虫館、アニサキス

- バックナンバー -

ACCESS

- アクセス

事業所

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-12-3
ライフ・クリエーション・スクエア内BMSA・環文研共同研究棟1階

Google Map

本部

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11
アグリスクエア新宿11階

Google Map
お問い合わせはこちら トップへ